インソールの効果を上げる方法

インソールを使っても、問題解決しない時のチェックポイント!

足やヒザのトラブル改善や疲労軽減、スポーツのパフォーマンス・アップなどが期待できるシダス・インソール。
それでも、「インソールで、期待していたような効果が得られない」という声も耳にします。
シダス・インソールに大きな効果を期待してご使用いただくのは当然のことだと思います。
しかし、どんなに優れたインソールでも解決できないケースもあるのが事実です。
シダス・インソールの効果を実感いただくために、ご使用前にチェックして欲しいことがあります。

  • チェックポイント1 お使いのシューズのサイズや幅は、足に合っていますか? 詳しくはこちら
  • チェックポイント2 歩き方に問題があると、トラブルが解決できないケースも? 詳しくはこちら
  • おすすめトレーニング インソールの使用に加え、歩くバランスを簡単に整える方法! 詳しくはこちら

チェックポイント1 お使いのシューズのサイズや幅は、足に合っていますか?

「脱ぎ履きがしやすいから」「足が当たって痛いから」「長時間履いていると足がむくむから」…。
こんな理由から、サイズの大きい楽な靴を履いている方を多く見かけます。
でも、逆に靴のサイズが大きいと靴の中で足が動いてしまい、それが原因で痛みが生じたり、マメ・タコができたりします。
また、歩く時に余計な力を使ってしまったり、安定性がなくなりますのでスポーツではパワーロスやケガを誘発することにも。

シダスからのご提案

正しいサイズの靴とシダス・インソールで、トラブルを撃退!

独自の立体形状で足をサポートするシダス・インソールを使うと、足が靴の中でズレにくくなります。さらに、足がつぶれて幅広くならないようにアーチを保持してくれるので、より足の形にジャストフィットしたサイズの靴を選ぶことができます。その結果、足の当たりなどのトラブルが減り、余計な筋肉を使わずに楽に歩けるようになります。スポーツでもパフォーマンス向上が期待できます。靴を購入するときには、試し履きをして正しいサイズの靴とシダス・インソールも一緒に選ぶことをオススメします。

[図]フラットな靴の中底とシダス・インソール装着時の比較

チェックポイント2 歩き方に問題があると、トラブルが解決できないケースも?

自分の歩き方が、良いのか悪いのか、正しいのか間違っているのか、なんて疑問を持った方は少ないかと思います。
でも、あなたの今現在のその歩き方に、トラブルを引き起こす原因が潜んでいるかも知れないのです。
大きく手を振って大股で颯爽と歩く、この歩き方はヒザやふくらはぎ、太ももの筋肉に、無理な負担をかけることになってしまいます。
その結果、疲労が増大し、ヒザや腰などに痛みがでたりするケースもあります。

シダスからのご提案

余計な筋肉を使わない、疲れにくい「省エネ歩き」をオススメします!

歩くのに必要な筋肉を使い、余計な負担をかけない歩き方こそが、トラブルが起きにくい理想的な歩き方です。

悪い歩き方

1[ヒールコンタクト時(右脚)] ヒザが曲がる・負担がかかる
2[ヒールオフ時(右脚)] ヒザが伸びてふくらはぎの筋肉を余計に使ってしまう
3[ヒザを曲げて蹴り出す時(右脚)] ふくらはぎの筋肉を使いすぎて疲労に
4[体重がかかっている時(左脚)] ヒザが曲がりっぱなし・足を勢いよく前に運ぶ時に、太ももの筋肉を使いすぎて疲労に
5[蹴り出し直前(左脚)] ふとももが身体の真下にある...・腰とふくらはぎの筋肉を使って蹴り出すので、負担増
6[ヒールコンタクト時(右脚)] ヒザが曲がるので負担

良い歩き方

1[ヒールコンタクト時(左脚)] ヒザは真っすぐ負担が少ない
2[体重がかかっている時(左脚)] 大臀筋(お尻の筋肉)で身体を支えている・ヒザは真っすぐのままだから、ふとももにかかる負担が少ない
3 意識する・親指を意識して歩く
4[蹴り出し直前(右脚)] ふとももが身体より前にあり、自然な重心移動ができる
5[ヒールコンタクト直前(右脚)] ヒザが伸びている
6[ヒールコンタクト時(右脚)] ヒザはまっすぐ負担が少ない

シダス・インソールのご使用と一緒に、普段からこの「省エネ歩き」を意識して歩くことで、トラブルの予防が期待できます。

身体に負担の少ない「省エネ歩き」のポイント 普段から気をつけて歩くと良いでしょう。

  • ① 小股
  • ② 重心移動で歩く
  • ③ ヒザを伸ばしてカカト着地
  • ④ 親指を意識する
動画でわかりやすく解説!

動画を見る

おすすめトレーニング インソールの使用に加え、歩くバランスを簡単に整える方法!

シダス・インソールは足もとの崩れたバランスを整える効果が期待できますが、なかなか効果を実感できない方も。
その原因のひとつは、バランスの崩れた歩き方や身体のクセが長年にわたって身に付いていることが考えられます。
簡単に改善とはいきませんが、とはいえ特別なトレーニングで改善しようとしても、長続きすることは難しいでしょう。
そこで、日常生活の中で、いつでもどこでも誰でも簡単にできるトレーニングをご紹介します。

シダスからのご提案

日々の生活に「つま先立ち運動」を取り入れることで、歩行が楽になります!

シダス・インソールを使うことに加え、歩行時の正しい足の動きを覚え、歩行に必要な筋肉を鍛えることができるトレーニングです。

1 つま先立ち運動をしましょう!その目的は... ・歩行時の正しい足の動きを覚える ・歩行に必要な筋肉を鍛える このトレーニングで歩行が、楽になります。
2 なるべくカカトとつま先を付けて立ちます。
3 小指側に体重をかけて、カカトを1/3程度上げましょう。
4 親指側に体重をかけて、さらに1/3上げましょう。
5 親指側に体重をかけたまま、目いっぱいつま先立ち。
6 親指側に体重をかけたまま、1/3カカトを下げます。
7 小指側に体重をかけて、さらに1/3下げます。
8 カカトを全部下ろします。
9 つま先立ち運動のポイントは...・一日朝晩10往復 ・ヒザを曲げない ・ゆっくり行う これだけで、歩きが楽になります。
動画でわかりやすく解説!

動画を見る

ページトップへ