シダス・インソール成形方法

ニーズに合わせて、3タイプの成形方法でフィッティング。

シダス・インソールは、専用の成形マシンを使って個々の足型にフィットした成形が行えます。
※ ポドスコープによる成形では、インソールが多少縮みます。シューズサイズより0.5cm大きいサイズを選んでください。
※ 成形は、すべて成形テクニックを持つ販売店で実施します。別途成形料がかかる場合があります。

成形について

シダス・インソールは、通常は成形せずにサイズをカットするだけで、そのままご使用いただけます。(カスタム・シリーズを除く)さらにフィット感を高めたい場合や、まれに足に合わないケースでは、熱成形によるフィット感の微調整を行います。

カット方法

靴に入っているインソールをはずします。

カカトを合わせ線を引き、前方のはみ出た部分をカットします。

靴に入れます。

ページトップへ

フラッシュフィットを使った成形

フラッシュフィットは、熱と光により加熱時間を大幅に短縮した画期的なシステムです。

フラッシュフィットボックスにインソールをセット。フタを閉じると自動的に約10秒間フラッシュライトで加熱し、光が消えたら加熱完了です。

インソールを取り出し、お客様にパッドの上に乗っていただきます。

足に合わせてインソールをセットします。

3~5分間動かずに成形します。

付属のインソールに合わせ、インソールをカットして完成です。

ページトップへ

コンフォーフィットオーブンを使った成形

足裏全体をぴったりフィットさせる最も一般的な成形方法です。

専用マシン、ポドスコープPを使い、足型・足裏の特徴を測定します。

インソールをコンフォーフィットオーブンで加熱します。
※加熱時間の目安は、100℃で約2~2分30秒です

足に合わせてインソールをセットします。

3~5分間動かずに成形します。

付属のインソールに合わせ、インソールをカットして完成です。

ページトップへ

HD VAC 2を使った高度な成形

独自の吸引(バキューム)方式で、より正確なフィッティングを行う高度な成形方法です。
※HD VAC 2での成形方法のトレーニングを受けた店員のいるショップでのみ成形可能です。

インソールをモジュバックにセットし加熱します。

パッドの上に両足を均等に乗せ、空気を入れて足型を取ります。

パッドの空気を抜いて固め、形を整えます。

加熱して柔らかくなったインソールをパッドにセットします。

素足でインソールに2分間乗り成形し、余分な部分をカットすれば完成です。

ページトップへ

ページトップへ