シダス・インソールの歴史

1975年

世界で初めて体重による熱成形スポーツインソールの開発に成功。フランス・ボアロン市にシダス社を設立。

フランス・グルノーブル近くのボアロンという街で、選手のサポートとともにスキーブーツの開発をしていたスキーインストラクター:ロイク・ダビット(写真:左)、ジャック・マルタン(写真:中央)、ゲビー・ペリコ(写真:右)の3人は、あるとき、ブーツを選手固有の足の形に合わせるため、インジェクションという"液体を流し込んで固める"成形タイプのインナーブーツを開発しました。ところが、その際どうしても足裏だけは固めることが難しかったことから、3人はインソール単体の研究に着手。試行錯誤の末、1975年に世界で初めて体重による熱成形スポーツインソール(コンフォマーブルの基礎となるインソール)の開発に成功しました。右の写真は、開発当初に足形の採取に使用していた記念すべきグラタン用のプレートです。

これを機に3人は、「シダス」という名の会社を設立し、スポーツインソールを主体とした「コンフォマーブル」ブランドを本格的にスタート。現在では世界30ヵ国以上で販売され、109の登録商標と15の特許を保有するまでに成長を遂げています。(2013年現在)

1982年 日本での発売開始
1985年

フランス国家医療機関の要請を受け、医療用ブランド「ポディアテック」誕生

"体重を支える強度と運動能力を妨げないしなやかさ"をテーマに、スポーツインソールの理想を追求したコンフォマーブル・インソール。スポーツの中で培われた製品は、やがて医療分野でも注目を浴びるようになり、1985年に正式な要請を受け、コンフォマーブルに細かい調整機能を付け加えた医療用インソールとして、パトリック パワマル氏が「ポディアテック」ブランドを設立しました。適度なしなやかさと硬さのバランスを追求したこのインソールは、身体にやさしいという理由から人々に好まれ、医療分野においても確かな実績を獲得。フランスの国家医療機関との協力関係のもと、今や同国の医療用インソールとして約50%のシェアを占めるなど、世界中で高い評価を得ています。
そして医学的に認められたことも併せ、スキーに始まったコンフォマーブルは、現在、ランニングや自転車、ゴルフなど様々なフィールドへ活躍の場を広げ、トッププロ選手たちの必須アイテムとして絶大な支持を獲得しています。

1991年 成形不要でシューズに入れるだけの「ステップイン」タイプのインソールを発売。
1994年 独自の吸引方式でより正確な成形が可能な「HDバキュームシステム」を発売開始。
1999年 ゴルフ専用インソールを発売。
2002年 ワールドカップに向けてサッカー専用インソールを発売。
2003年 創始者のスピリットを受け継ぎ、現経営陣での第二世代がスタート。
2005年

みんなを足元から幸せにする。これが私たちの使命です。

2005年シダス社ではスポーツ選手はもとより世界中のすべての人々を足元から快適に、幸せにすることを使命に、"Happy Feet , Happy People. "のスローガンを掲げました。
そして、FOOT PROJECT(足に関わるすべてを研究・開発・供給)、PARTNERS(素材メーカー、外部スタッフとの良きパートナーシップの構築)、PODIATRY CENTERS(選手の意見を聞くための直営施設を設置)、EXPERT TEAM(各方面でプロのアドバイザーと契約)、INFOOTMATION(TM)(足にまつわる情報を広く提供)、TRAINING CENTER(販売店に対してのトレーニングを実施)など様々な活動を通じて足に関するあらゆる情報を獲得し、製品開発にフィードバックしています。

スポーツと医療の間に位置する「モジューロ」が誕生!

スポーツインソールを主体に事業をスタートしたシダス社ですが、現在ではスポーツのフィールドに止まることなく、タウンユースや医療の現場まで、活躍の舞台を広げています。そして2005年、スポーツの「コンフォマーブル」と医療の「ポディアテック」の中間に位置する「モジューロコンセプト」を開発しました。最小限の作成時間で、最大限のパフォーマンスを発揮する、100%カスタムメイドのシステムとして、さらなるニーズに対応していきます。

2007年 シダス・インソールのメリットをより多くの方に実感してもらうために、世界に先がけ日本で「ナチュラルフィットサンダル」を開発・販売。 ナチュラルフィットサンダル
2008年

1982年からの日本での発売以来、インソール累計販売数約100万人達成

熱と光で加熱時間の大幅な短縮に成功した「フラッシュフィット」発表。
世界最大のスポーツ見本市ISPOでランニング部門ISPO AWARD受賞。
アウトドアインダストリーアワード08受賞。

2009年 世界的な地球環境への配慮が企業側に望まれる中、ミッションに新たに、"Happy Planet"を加えた"Happy Feet , Happy People , Happy Planet"を提唱。グリーン・アプロ−チを実践するソーラー発電、芝、自然素材外壁等を取り入れたフランス本社新社屋「エコデザインヘッドクオーター」を完成させました。
2010年 2002年スペイン、2008年ベルギー、スイスに続いて世界で4番目の現地法人「シダスジャパン株式会社」を設立、営業開始。  
2011年 ナチュラルフィットサンダルのさらなる拡販を目指し、ブランド名を「インソール・プラス」に変更。
2011年 厳しい寒さへの対応として、バッテリーでインソールを暖める画期的な「ヒーティングシステム」を発売。
2012年 「コンフォマーブル」ブランドを「シダス」に変更。
2012年 インソール発売総数約150万枚に。
2014年 スポーツの前後にもシダスの効果を持続、リカバリーを促す「3Dサンダル」を発売。
2015年 「スキーヤーアナライズステーション」が、世界最大のスポーツ見本市ISPOでISPO AWARD受賞。
2015年 インソール発売総数200万枚突破。
2016年 いつでもシダス・インソールの快適さを味わえることで好評のクロッグタイプのルームシューズ「シャンブル」をベースにちょっとしたお出かけでも使える「パルク」を発売。

ページトップへ