ニュース

Xterra小笠原崇裕インソールコメント!

  X terra小笠原崇裕選手からバイク、ラン インソールコメントが届きました!
・バイクプラス
新しい表面素材は濡れた素足で履いても滑らなくなった。
拇指球の部分の裏側が硬い素材に変更になっており、踏み心地も若干硬くなっているがそれよりもダイレクト感のアップの方が大きく、路面の僅かな変化を足裏で感じやすくなり、滑る路面でのトラクションがかけやすくなり、アタックの際のロスが減っている。
踵から土踏まずにかけてスタビライザーの効果もあってか、土踏まずを大きく盛り上げなくても踵のホールドがしっかりされてシューズ内で足が遊ばない。バックルを緩く締めていても足が遊ばないので長距離では鬱血を防げるし、トライアスロンではランニングに向けての足の締め付け感が軽減できる。
スタビライザーを取り付けても、荒れたダウンヒルでは足のアーチのサスペンションがちゃんと機能しており、コーナーで踏ん張る際に潰れ過ぎなくてGに耐えやすい。
 
・ウインタープラススリム(ラン用に使用)
ウインター用だが、ランプラスナローの前方部のクッションの柔らかさがロスに感じていたのと、若干の重量の軽さのメリットが大きかった。
バイクプラス同様、素材自体が硬いのでダイレクト感がアップし、ミッドフット着地からフォアフット着地では、上手く重心を前方に乗せていけるバネのある走りでは着地のリバウンドがとても良く使えた。シューズがジョグ用のソールが厚目のモデルでは着地の際のシューズの左右へのブレが軽減して、真っ直ぐに足が運べた。クッション性ではラン用には劣るが、キロ4分を切るくらいからはこちらのダイレクト感がある方が良かった。

 

アスリートのコメントはこちら↓

http://sidas.co.jp/sports/run.html

ページトップへ