ニュース

小笠原崇裕選手エクステラジャパン3位入賞

小笠原崇裕選手エクステラジャパン3位入賞
ogasawara150908 (3).jpg
今までで一番焦りを感じながらのレースを迎えたXTERRA JAPANであった。
レース2週間前、アクロバティックな体操をしていた際にちょっとしたミスで自分の肘で脇腹を強打し、あまりの痛みにその場で動けなくなりうずくまった。しばらくして動いてみると肋骨に刺すような痛みが。その瞬間「逝ったな・・・」と。もう何度も肋骨は折ったりヒビを入れたりしているので痛み方ですぐにわかった。その日からもうランニングと水泳は痛みで全く出来ず。バイクだけは肋骨の周囲にキツくバンテージを巻いて呼吸で肋骨が膨らまないように締めていれば、アスファルトの上りでは何とか痛みに耐える事が出来たが、下りは上りと同じ様なスピードで下ることしか出来なかった。ランニングの代わりには、足に2キロの重りのアンクルバンドを巻き付けて登山道をひたすら超早歩きをして登った。着地の瞬間が痛いので下りは空中に足が浮かないようにすり足の様にして下った。スイムの代わりは、腕や背中を動かしての筋トレは出来ないので、500のペットボトルに水を入れて、それを水平や上に上げてひたすら維持や、1回に30秒掛けたスロースクワットという古典的なもので対応。そんな感じでレース1週間前までを過ごした。
 
レース会場に入り、コースの試走を行ったら想像以上に身体はよく動いた。スピードやパワー面では期待は出来ないが、巡航レベルの持久系や筋力は思いの外、落ちていないようだった。腐らずに出来ることを最大限に諦めずにやってきて本当に良かった。
 
北海道の南富良野にある、かなやま湖。雄大な自然が本当に綺麗な場所だ。
かなやま湖の水温は低く、レース当日は14.7度。手足の感覚が無くなるような水温。そんなかなやま湖を1200Mのスイムからレースはスタートした。50M程は膝ほどの遠浅で、湖底が泥になっておりくるぶしくらいまで埋まってしまい非常に走りにくい。やっと泳ぎだしたら水の冷たさも忘れて、とにかくフォームに全集中。ここ3週間で2回しか泳いでいないという一番不安の残るパートなので慎重に泳いだ。スリップを上手く使い抵抗を減らし、力まないように集団に入った。想像以上に上出来な泳ぎでプロが多く交じる集団のまま進み、終盤で少し遅れてしまったが、トランジットエリアで同じになる程度の遅れの6位でスイムアップ。
 
バイクは上りを重点的に練習をしてきたので、そこそこは走られる、はずだ。1周13キロを2周する26キロ。獲得標高差は900M程なので上りの多いレイアウト。
前にはフランスのセドリックが見える、彼はアイアンマンでもサクッと入賞する強豪。しかしセドリックの方が上りが速く、ジワジワ離されてしまう。その前にはスイムを1人だけ圧倒的なスピードで終えたオーストラリアのコートニーがいる、彼は五輪に2度出ておりリオも視野に入れていて、アドベンチャーレースからアイアンマンまで何をおこなっても世界レベルで戦える稀有なアスリート。その2人を追い上げたいが、ペダリングにトルクが出ていなくて斜度がキツくなると回せなくなってしまう。その分を下りや繋ぎの細かな部分を攻めに攻めて1秒を削って走った。バイクの1周目は先頭から2分30秒遅れ、2位から30秒遅れの3位で2周目へ。2周目は所々に現れる平坦の部分でペースアップが出来なくなり、早くも疲労を感じ始めた。ほぼ限界のスピードで走っているので足も攣りそうな気配があるが、スタンディングをこまめに挟んで誤魔化しながら後半のアップダウンに突入。10秒ほどの上りは勢いで一気に上り切りたかったが、途中でギアを1枚軽くしてしまう、、、こういった部分で練習不足がチクっと出てくる。前のセドリックに少し離されて1分差でトランジットへ。トップのコートニーとは差が詰まり2分差でランニングをスタート。バイクパートは2位。
 
ランは湖畔のガレて滑りやすいキャンバーをひたすら進み、ロープが垂らされた崖を10M程よじ登ってからアスファルトの平坦があり、レース会場の横を通ってから湖に流れる川の泥を越えて行く1周5キロを2周の10キロ。
前にはコートニーもセドリックを見えて追いかけたいが、足が前に出て行かなかった。腕を大きく振って足を上げようとするが上に跳ねるだけで推進力が弱い。路面も埋まる砂やガレ場なので、上手く走れていないと更に差が出やすい。アスファルトではペースを見ながら走るが本当に遅い・・キロ3分50秒前後からペースを上げられなかった。前に見えていた2人はすでに全く見えない程に離されてしまった。2周目へ。ガレ場で足が上り切らずに石に躓いてしまい、激しく一回転。地面に付いた左手と右肩を強打し、最後には顔面も打った。目の前に火花が飛んで視界にモザイクがかかった。5秒ほど止まって身体の確認。手と肩から血が出て、痛みで握り込む事が出来ないくらいだったのですぐさま走り出した。崖をよじ登ってアスファルトへ、久々にエクステラに出場した白戸太朗さんをラップする際に少し言葉を交わして、残すは1キロ。僅かな上りでヘロヘロになってしまっていたが、今回のエクステラは本当に色々とありすぎて強烈な印象しか残っていない。そんな事を考えながら3位でゴールゲートをくぐった。ランパートは4位。
 
ゴール後は疲労というより痛みでしばらく動けなかった。
やっと、かなやま湖の景色が鮮やかに見えた。
 
 
1位 Courtney  Atkinson オーストラリア
2位 Cedric Lassonde フランス
3位 小笠原崇裕 日本




ページトップへ