ニュース

トレラン菅谷氏 改めてシダスの重要性を実感!

トレイルランナー菅谷和己選手 上越国際トレイルフェス 12Kの部で準優勝!

~レース使用感&使用アイテム~

・X-ソックス ランニングディスカバリー。

 自分にとってランニングディスカバリーは

レース勝負アイテム。(験担ぎでもあります)

どんな状況(雨、風、高温)においても足のトラブル

が少なく安心。今回雨の中レース中水分が含んでも

足の皮がふやける事無く走りきる事が出来ました。

 

今回あえてシダスインソールを使用せずレースに臨みました。

 今迄シダスインソールを使用する事が当たり前に感じており

 シダスインソールを使用して無い状況での自分の力を試したく

既存(購入時に付属している)ので望みました。

 レース中シューズ内は摩擦で前後に動き不安定。

 レース中雨で水分含んだインソールがつま先から土踏まずの部分迄

折れ曲がってしまいシューズ内は違和感。今迄レース中転倒する事が無かったのですが今回ゲレンデの下り坂で

2回転倒しました。(左肘負傷)

 レース中様々な状況に陥り改めてシダスインソールの『重要性』を

 実感致しました。

 今後、大切に使用して行きたいと思います。

 菅谷151124s.jpg

『上越国際トレイルフェス』

日時     11/15()

場所     グリーンプラザ上越

部門     12Kの部(シルバーの部)

順位     総合2

天候     

気温   10

トレイルフェス参加者  400

 ~コース特徴~

・米どころ上越・魚沼エリアを舞台に、子供から大人まで楽しめる、トレイルイベント。

標高差が約700メートルでコースバリエーションに富んでいます。

緩やかなトレイル、急斜面、畦道、ゲレンデ斜面、沢、針葉樹林帯から

広葉樹の幅広いエリアまで周りの木々=単にレースだけではなく自然を観察しながらお楽しめる。
コースのほとんどが未舗装。宿泊施設のホテルグリーンプラザは

レースのスタート会場に隣接しており移動のアクセスがとてもしやすいです。

ページトップへ