ラン

悩み痛みを感じて走りづらい
なぜ多くの人は左右のバランスが一定ではなく、身体の使い方に偏りが生じます。歪みを補正せずに走り続けると、片方の足に負担が集中し、ヒザやももに痛みなどの様々なトラブルが起こりやすくなります。

シダス・インソールを使用すれば!身体バランス向上、リズム良く走れる!

SIDAS

3Dサポートで足への衝撃を分散し、身体バランスも向上。ヒザやももなどへの負担が和らぎます。足裏のアーチ(土踏まず)をサポートすることで、筋肉の負担を助け、疲労も軽減します。

インソールの効果をもっとあげたい方へ…

ページトップへ

Voice of Athletes[アスリートの声]

  • ランニングアドバイザー
    砂田 貴裕(すなだ たかひろ)

    100kmマラソン世界記録保持者

    足とシューズを一体化するアイテム

    新しいカスタムランライトは従来のシダス・カスタムインソールより軽量で、かつ耐久性も向上しています。加えてインソールがシューズ内でよりグリップして力が伝わりやすくなり、ソックスとの相性も更に良くなりました!
    足回りを安定させ、足とシューズを一体化するアイテムだと思います。

  • トライアスロンコーチ
    青山 剛(あおやま たけし)

    力を伝えられ、疲労軽減にも繋がる

    カスタムランライトについて。これまではシューズ、ソックスとの相性次第で違和感が多少出ることもありましたが、このカスタムランライトはより薄くなり、フィット性が増しました。その上でアーチサポートはしっかりしているので、力をダイレクトに伝えられるだけではなく、足底の疲労軽減にも繋がっています。
    今までランニング用カスタムインソールが合わないことが多かった方に、ぜひ試して欲しく思います。

  • マラソン完走請負人・JMC代表
    牧野 仁(まきの ひとし)

    素足感覚でランニングできる

    足の土踏まず部分のアーチサポートだけでなく、ランニング時に必要な足の加重時のサポートもしてくれる。
    足にぴったりで装着時の違和感もなく、しかもシューズ内部で抜群の安定がある。素足感覚でランニングできることが素晴らしい。

  • ランニングコーチ・トップギアインターナショナル代表
    白方 健一(しらかた けんいち)

    走行中も違和感がなく、走りやすい!

    シダスインソールはヒールの安定感が高く、クッション性を感じつつも重さは感じません。
    また足とシューズ、シューズとソールの馴染みがよく、フィット感覚も向上するところがいいと思います。そのため走行中も違和感がなく、結果走りやすいところが気に入っています!
    僕はハイアーチ気味なので後半アーチが崩れると足底が痛くなる場合があるのですが、アーチ、アライメントサポートとクッション向上でロードランも安心して実施できました。
    また、路面の突き上げで坐骨周囲の筋肉やハムストリングスが張っていたのがかなり改善されています。

  • トライアスリート
    上田 藍(うえだ あい)

    2011NTTジャパンカップランキング1位

    カカトが安定するので軸がブレない!

    シダスインソールのおかげで、カカトが安定するので軸がブレなくなりました。
    ラン用のインソールを装着してからはカカトが接地してから抜けるまでがスムーズになりました(接地したときに軸にブレがなければ、真後ろに早く足を流すことができます)。
    シダスインソールを使うことで、今まで使っていた無駄な力みをパフォーマンスに使える­ようになり、自分の力をさらに引き出せます!

  • トレイルランナー
    大瀬 和文(おおせ かずふみ)

    UTMF(ウルトラトレイルマウントフジ)19位、UTMB(ウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン)23位(日本人1位)

    負担が和らぎ疲れが違う!

    【スパイクプラス・ランプラス・クッション3D(トレイル/ロードにて使用)】
    踵からアーチがしっかりサポートされているので、フォアフット(爪先走り)であっても前脛骨筋やふくらはぎなどの疲労感がいつもより少ないような感じがします。しっかり踏み込めるためスピードを出しやすく、また下り時の着地の際のブレを抑えることができることで安定して走行できると実感しました。
    石や木の枝などの障害物を踏んだ際やロードにおいても同様に、着地時の衝撃吸収力があり、足への負担軽減になっていると思いました。


    【クッション3D(ロードにて使用)】
    どのシューズにもフィットして、クッション性の良さと着地時の安定感を感じました。特にスピードを上げて走った時など、地面への反発感が強くなり、足がスムーズに動くようになり、回転数が上がることでスピードも安定して出せるように感じました。
    足首があまりぶれないことで、怪我の防止になると感じました。


    シダスインソールについて、僕がトレランでインソールをお勧めしたい理由は、まず不整地で早い動きをする時に接地の安定感が出るということです。
    2つ目に長時間のランニングの際、膝や腰への負担が和らぎ、疲れが違うのを実感できます。
    もう1つは、フィット感が格段に上がり、力の加え方も変わってきます。
    皆さんもぜひシダスをお試しください!

  • トライアスリート/森永製菓
    細田 雄一(ほそだ ゆういち)

    2013アジア選手権優勝

    疲労させないぺダリングができる!

    ランに向けて体力が必要なトライアスロンで、バイクの重要性は高い。シダスのインソールが疲労させないぺダリングを作ってくれる。
    毎シーズン新たなインソールから学びをもらっているので、今回もベストなインソールができた。

  • トレイルランナー/TEAM SALOMON
    菅谷 和己(すがや かずみ)

    2013上越国際トレイルレース シルバーの部(14K)優勝

    身体が疲れにくくなった!

    【SIDAS】
    セミナー、移動、トレーニングなど長時間シューズを履く機会が多いです。朝からシューズを履き、夕方になると足や身体のあちこちに疲労感を感じ、集中力が欠けてしまいます。
    インソールを変えてからは足や身体のあちこちに疲労感を感じることが少なくなりました。さらに質の高いトレーニングが行え、セミナーでは様々な動きに瞬時に対応できるように。また出張での長時間の移動でも身体が楽になり、疲れが残りません。
    インソールを変えてもシューズ内の圧迫感や違和感がないので、これからインソールを使用される方にもオススメだと思いました。


    【X-SOCKS】
    仕事柄長時間シューズを履く機会が多く、シューズの中はいつも蒸れている状態。シューズの中が蒸れている状態だと湿気が多く、足の皮がふやけて剥けやすく、その状態でトレーニングすると靴ズレも起きやすくなります。
    X-SOCKSを使用してからはシューズの中が蒸れにくくなり、シューズの中はいつも快適です!おかげで靴ズレも少なくなりました。
    部分的に厚み(サポートなど)はありますが、気になるほどではありません。


    【肌のトラブル解消!】
    自分は乾燥肌なのでハイソックスを脱いだ時はいつもふくらはぎの辺りがかゆくなり、かいてしまいます。そのため皮膚がヒリヒリしてしまい、特に汗をかいた時はその部分が気になり、なるべくハイソックスを履かないようにしていました。
    X-SOCKSを使用してからふくらはぎ部分のかゆみがなくなり、肌のトラブルが減少したため、今ではハイソックスを使用するようになりました。
    肌へのトラブルが減少することは男性・女性にとって重要なことだと思います。

  • トレイルランナー
    牧野 公則(まきの まさのり)

    2015ハセツネ30km6位、2015マウンテントレイル野沢温泉65km優勝

    クッション性と反発性のバランスが良い

    スパイクプラスは、一番相性が良いモデルです。カテゴリーで言うと球技に掲載されていますが、様々な路面に対応するトレイルランニングにも抜群の効果を発揮してくれます。
    カスタムモデルのため、自分の足にフィットするのはもちろんですが、踵からアーチにかけてのサポート力があるうえにしなやかさを感じ、長距離レースでも脚へのダメージが軽減できていると感じます。

  • トライアスリート
    田山 寛豪(たやま ひろかつ)

    2013日本選手権優勝、2012・2013NTTジャパンカップランキング1位

    フィット感が最高!

    シダスインソールを使って1番に抱いた感想は「フィット感」です。
    ランニングシューズとバイクシューズを使わせていただいていますが、足全体を守ってもらえていることでロスのない動きになり、100%の力が伝わります。
    シダスインソールを使用して、アキレス腱の痛みが和らぎ、脚全体に優しいインソールだと感じました。
    ランナーの皆様にお伝えしたいのは、インソールで走りも脚の疲労度も変わるということです。ぜひ自分に合ったインソールを探してみてください。

  • トレイルランナー
    丹羽 薫(にわ かおり)

    THE UTMB® 4位入賞

    疲労回復しながら調整

    レースが重なり、疲労の蓄積が心配な時でも、トレーニング時にシダスインソールを使用することで、痛みが出ることもなく、疲労を回復しながら調整ができます。
    レースでも雨が降っていたり、川を渡ったりしても水抜けがよく、インソールが水を吸って重くなることがありません。濡れてマメができることもなかったので、快適に走り終えることができました。

  • トレイルランナー
    高村 貴子(たかむら たかこ)

    下りで早く走れるようになった!

    以前よりも下りが速く走れるようになりました。足裏の感覚をしっかりとらえられるので、足さばきもしやすくなりました。
    また自分の型に合わせて作っていただいたおかげで、足にしっくりきて履き心地も抜群です!

  • トレイルランナー
    斎藤 綾乃(さいとう あやの)

    手放せなくなるリラックス感

    普段履きからレース前後まで幅広く使用しています。
    こちらのパルクは足幅が広く作られているので、椅子に座った時には靴を脱いでくつろいでいるようなリラックス感があります。しかし、中にはシダス特有の3Dインソールが入っているので、歩く時は足に吸い付くようにフィットして脱げることがありません。アーチをしっかり支えて軸作りをしてくれるので、姿勢も自然とよくなりますよ。練習・レース前後は足をリラックスさせることができるので手放せません。
    暑い時季は3Dサンダル、涼しい時季にはパルクと使い分けており、一年中足元が快適です!

  • エクストリームランナー
    赤坂 剛史(あかさか たけし)

    2010ゴビ砂漠マラソン(7日間250km)完走、2010南極マラソン完走

    シダスの良さはこのしなやかさ

    私は7日間250kmの砂漠マラソンに出場しているエクストリームランナーです。
    レースが進むにつれて足の土踏まずが潰れて、足のサイズが大きくなるので、サイズの大きいシューズを選ぶことが一般的とされています。私もそれに従った結果、レースの序盤に足がシューズの中で遊びやすくなり、足裏に大量のマメを作ってしまい、レース後半ではマメの痛みとの戦いでした。
    しかし、このシダスが足の土踏まずが潰れるのをサポートしていたので、足がシューズの中で遊ぶことなく、またシューズのサイズを無理に大きくすることもなくなり、マメを作ることなくレースを終えることができました。
    また、南極マラソンのトレーニングとして走ってみると、足裏の感触がとても快適で気持ちがよく、悪路でも着地時に衝撃やストレスを感じませんでした。走るにつれて足裏がポカポカして血行がよくなり、足の動きもスムーズになっていました。低温化の南極でもポカポカするので非常に助かります。
    以前はもっと硬いサポートのインソールを使っていたのですが、硬すぎて僕には合いませんでした。シダスの良さはこのしなやかさだと思います。
    さらにもともと足首が弱いと感じていたのですが、インソールを変えただけなのに足首がサポートされているようで不安がまったくなくなりました。

  • スピードスケート/ナショナルチーム
    中村 駿佑(なかむら しゅんすけ)

    2014~15全日本スプリント総合優勝

    足裏から体幹を意識して効率よくトレーニングできる

    シダスのインソールを使用してトレーニングをするようになってから、足裏から体幹、体軸を意識して効率よくトレーニングすることができています。以前から気にしていたランニング時の膝の痛みが軽減され、よりスムーズにトレーニングを行うことができました。
    また通常のインソールとは違い、自分の足とフィットするので、スケート特有の動作を行う時もより氷上に近い感覚でトレーニングすることが可能です。
    前後左右の体重移動や離氷・着氷時の足裏の感覚をつかむことができるので、もう他のインソールを使ってトレーニングすることができません。
    シダスのインソールでさらに一段階上を目指してみてください!

  • マウンテンランニング
    宮地 藤雄(みやち ふじお)

    安定感と安心感

    インソールを入れることで安定感が生まれ、姿勢が良くなります。日常的には移動や超時間立つ時にもこの効果は大きいです。立っている時のバランスが良くなるからです。
    ランニング時でも同様です。姿勢が良くなることは安定感を生み、バランスの悪さの改善や長時間走って疲れた時にもフォームが崩れたり、どこかに負担がかかるリスクを減らしてくれます。
    安定感と安心感、僕にとってシダスのインソールはとても重要なアイテムです。

  • スピードスケート/ナショナルチーム
    藤野 裕人(ふじの ゆうと)

    トレーニング効率が格段に上がった

    普段インソールをあまり使わないでトレーニングをしていたのですが、その時はあまり踏ん張りがきかなかったり、足の裏の疲労を感じることが多く、改善したいなと思っていました。
    そこでシダスのインソールを使ってトレーニングをしたところ、フィット感が今までと全然違い、足の裏の疲労は感じなくなり、足の裏にしっかりフィットするのでトレーニングの時もしっかり踏ん張りがきくようになりました。
    インソールのおかげで今までよりもトレーニング効率が格段に上がったと感じています。トレーニングをより良いものにしたいと思っている人はぜひ使ってみてほしいです。

  • エクステラ/クロスカントリーエリミネーター日本代表
    小笠原 崇裕(おがさわら たかひろ)

    路面やペダルにダイレクトに力

    シダスのインソールを使うことにより、負荷の掛かった状態で足を上下動させても膝の軌跡がまっすぐになり、路面やペダルにダイレクトに力が伝わっていることを感じられる。
    左右へのステップなどの動きには母指球から小指球にかけて足裏の形に柔軟に追従し、アーチを適度に支えてくれることにより身体のバネを妨げることなく支えてくれる。

  • TeamAOYAMAアシスタントコーチ
    郷間 章(ごうま あきら)

    シューズとの一体感がスゴイ!

    今までインソールを使用したことはありませんでしたが、足を入れた時のシューズとの一体感に衝撃を受けました。まるで市販のシューズがオーダーメイドになったかのよう!
    また高いフィット感とアーチサポート効果により、接地から蹴り出しまでが非常にスムーズになり、地面に効果的にチカラを伝えることができます。

  • トレイルランナー
    西田 由香里(にしだ ゆかり)

    UTMF女子7位(日本人1位)、大雪ウルトラ110K女子優勝、TJAR(トランスジャパンアルプスレース)完走(女性歴代3人目)

    痛めていた足底筋膜炎の症状が軽減

    トレランを始めてからアーチ低下を起こし、シューズサイズが2サイズ程度大きくなってしまい、作成時は片足が足底腱膜炎の状態でした。
    インソール作成後トレーニンング負荷を増やしているにも関わらず、痛めていた足底筋膜炎の症状が軽減してきています。お尻に緊張感を持て、今まで意識できなかった大臀筋が使える感覚があります。また今まで使えていなかった筋肉を正しく使えるようになり、ランニングフォームが改善し癖が減りました!
    X-SOCKSはシューズの中で足が動いたり滑ったりせず、足さばきがスムーズ。ハイソックスタイプはふくらはぎの疲労感が軽減しました!

  • トライアスリート
    中西 真知子(なかにし まちこ)

    パワーが持続して最後まで頑張れる

    私は足に疲労がたまってくるとどうしてもアーチが落ちてしまい、バランスが崩れがちになります。シダスインソールは、足のアーチをしっかりサポートしてくれるので、スイムとバイクの後にランニングでの勝負が待っている私にとっては大切なアイテムです。また、シューズに余分な空間ができてフィット感に欠ける場合もインソールで調節が可能なので、違和感を我慢することなく快適に過ごせます。
    スイム、バイクと続き、終盤にランがあるのですが、疲れてもアーチを補強してくれるので最後までパワーが持続し、ランでも力を発揮できます。私は足の甲が薄いのですが、シダスでボリュームを出せて靴にフィットしてくれるのも助かります。

ほか有名選手が使用

ページトップへ