ラン

悩み痛みを感じて走りづらい
なぜ多くの人は左右のバランスが一定ではなく、身体の使い方に偏りが生じます。歪みを補正せずに走り続けると、片方の足に負担が集中し、ヒザやももに痛みなどの様々なトラブルが起こりやすくなります。

シダス・インソールを使用すれば!身体バランス向上、リズム良く走れる!

SIDAS

3Dサポートで足への衝撃を分散し、身体バランスも向上。ヒザやももなどへの負担が和らぎます。足裏のアーチ(土踏まず)をサポートすることで、筋肉の負担を助け、疲労も軽減します。

ページトップへ

Voice of Athletes[アスリートの声]

シダス・ワールドワイド・イメージキャラクター

ウルトラトライアスリート
ジルズ・リボール

2004ランニング&バイク・チーム・ワールドチャンピオン

  • トライアスロン
    田山 寛豪(たやまひろかつ)

    2013日本選手権優勝/2012・2013NTTジャパンカップランキング1位

    フィット感が最高!

    SIDASインソールを使って1番の感想は「フィット感」です。
    ランニングシューズ、バイクシューズで使わせて頂いていますが、足全体を守ってもらえていることで、ロスのない動きになり100パーセントの力が伝わります。
    シダスインソールを使用して、アキレス腱の痛みが和らぎ脚全体に優しいインソールだと感じました。
    ランナーの皆様にお伝えしたいのは、インソールで走りも、脚の疲労度も変わるということです。
    ぜひ自分に合ったインソールを探してみてください。

  • スピードスケート
    中村 駿佑(なかむら しゅんすけ)

    2014/15全日本スプリント総合優勝/ナショナルチーム

    氷上に近い感覚でトレーニングすることが可能

    トレーニング時に使用
    私がSIDASのインソールを使い始めて以前から気にしていたランニング時の膝の痛みが軽減され、よりスムーズにトレーニングを行うことができました。
    また、通常のインソールとは違い自分の足とフィットするので、スケート特有の動作を行う時もより氷上に近い感覚でトレーニングすることが可能です。
    前後左右の体重移動や離氷・着氷時の足裏の感覚をつかむことができるので、もう他のインソールを使ってトレーニングすることができません。
    スケート靴のように何十万もする高いものではないので、ぜひ試してみてください。
    SIDASのインソールで更に一段階上を目指してみてください!

  • スピードスケート 
    藤野 裕人(ふじの ゆうと)

    ナショナルチーム

    トレーニング効率が格段に上がった

    普段インソールをあまり使わないでトレーニングをしていたのですが、その時はあまり踏ん張りがきかなかったり、足の裏の疲労を感じることが多く、改善したいなと思っていました。
    そこでシダスのインソールを使ってトレーニングをしたところフィット感が今までと全然違い足の裏の疲労は感じなくなり、足の裏にしっかりフィットするのでトレーニングの時もしっかり踏ん張りがきくようになりました。
    インソールのおかげで今までよりもトレーニング効率が格段に上がったと感じています。
    トレーニングをより良いものにしたいと思っている人は是非使ってみて欲しいです。

  • トレイルランナー TEAM SALOMON 所属
    菅谷和己(すがやかずみ)

    2013 上越国際トレイルレース シルバーの部(14K)優勝

    身体が疲れにくくなった!

    【SIDAS】
    普段長時間シューズを履いている機会が特に多い。(セミナー、移動、トレーニングなど)
    朝からシューズを履き夕方になると足や身体のあちこちに疲労感を感じ集中力が欠けてくる。
    インソールを変えてからは足や身体のあちこちに疲労感を感じる事が減少。
    更に質の高いトレーニングが行えセミナーでは様々の動きに瞬時に対応出張での長時間の移動は身体が楽になり翌日移動疲れが残らない。
    インソールを変えてもシューズ内の圧迫感や違和感が無いのでこれからインソールを使用される方にもオススメだと思いました。

    【X-SOCKS】
    長時間履いていても蒸れない!
    仕事柄長時間シューズを履く機会が多くシューズの中は何時も蒸れている状態。
    シューズの中が蒸れている状態だと湿気が多く足の皮がフヤケ剥けやすく
    その状態でトレーニングすると靴ズレも起きやすかったです。
    X-socksを使用してからシューズの中が蒸れにくくなりシューズの中は何時も快適です。
    お陰で靴ズレも減少。部分的に厚み(サポートなど)はありますが気になりません。

    肌のトラブル解消!
    自分は乾燥肌なのでハイソックスを脱いだ時は何時も脹脛の辺りが痒くなり
    何時もかいてしまいます。
    その為皮膚がヒリヒリしてしまいヒリヒリした部分(特に汗をかいた時)が気になり
    なるべくハイソックスを履か無い様にしていました。
    X-socksを使用してから脹脛部分の痒いのが無くなり肌えのトラブルが
    減少した為ハイソックスを使用する様になりました。
    肌へのトラブルが減少する事は男性、女性にとって重要な事だと思います。

  • トレイルランナー
    丹羽 薫 (にわ かおり)

    2015スカイランナーWシリーズ80Kの部女子総合9位(日本人トップ)

    疲労回復しながら調整

    レースが重なり、疲労の蓄積が心配な時でも、トレーニング時にSIDASインソールを使用することで、痛みが出ることも無く、疲労回復しながら調整できます。
    レースでも、雨が降っていたり、川を渡ったり、登り下りがあっても、水抜けもよく、インソールが水を吸って重くなることもないし、濡れてマメが出来ることも無く快適に走り終えることが出来ました。

  • ランニングアドバイザー
    砂田貴裕(すなだたかひろ)

    100kmマラソン世界記録保持者

    硬さがあるのに痛みを感じない

    最近シダスのインソールを使うようになって、手ごろな価格でカスタムシューズのフィット感を味わえるというのが実感です。
    ラン3Dは蒸れなく肌さわりのよいグリップ性と全体のクッション性が心地よく、アーチサポートをされているので疲れない感じです。
    それと、硬さがあるのに痛みを感じないのもいいと思います。
    既存のインソールより耐久性が高いのもいい所ですね。
    是非皆様にお勧めしたいです!

  • エクストリームランナー
    赤坂 剛史(あかさか たけし)

    2010年7月ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)完走、2010年南極マラソン完走

    シダスの良さはこのしなやかさ

    私は7日間250キロの砂漠マラソンに出場しているエクストリームランナーです。
    このレースが進むにつれて足の土踏まずが潰れて、足のサイズが大きくなるので、
    サイズが大きいシューズを選ぶことが一般的です。
    私もそれに従った結果、レースの序盤に足がシューズの中で
    遊びやすくなり、足裏に大量のマメを作ってしまい、レース後半では
    マメの痛みとの戦いでした。

    しかし、このシダスが足の土踏まずが潰れるのをサポートしていたので、
    足がシューズの中で遊ぶことなく、またシューズのサイズを無理に大きく
    することもなくなり、マメを作ることなくレースを終えることができました。

    南極マラソンのトレーニングとして走ってみると、
    足裏の感触がとても快適で気持ちがよく、
    悪路でも着地時に衝撃やストレスを感じませんでした。
    また走るにつれて足裏がポカポカして血行がよくなり、
    足の動きがスムーズになっていました。低温化の南極でも
    ポカポカすると非常に助かります。

    以前に もっと硬いサポートのインソールを使った事もありますが、
    硬すぎて僕には合いませんでした。
    シダスの良さはこのしなやかさだと思います。

    さらにもともと足首が弱いと感じていたのですが、インソールを変えただけなのに、
    足首がサポートされているようで不安がまったくなくなりました。

  • トライアスロンコーチ
    青山 剛(あおやま たけし)

    走りを支えるインソール

    <SIDAS>
    ランニングでのインソールの役割は特に重要で、着地時に体重の3〜6倍の負荷がかかるため、足にフィットしていないと衝撃が分散されず、故障や怪我の原因になります。
    また前へ走る上での正しい重心移動(踵の外側→拇指球→親指)をスムーズに行うためにも、シダスの成型インソールが上手にアシストしてくれます。

    <サンダル>
    ・毎日履いておりますが、とにかく履きやすい。走って疲労した足にはアーチサポートなど心地よくて良い。

    <X-SOCKS> ☆今まで履いてきたソックスの中で、一番良い!快適!
    ■MARATHON
    ・全てのモデルにおいて、通気性の高さが素晴らしい。特に土踏まずあたりのサポートも程よくて良い。
    ■RUNNIG SPEED TWO
    ・私的にはこのモデルが一番履きやすい。つま先のサポートが走り始め気になるものの、
     走り始めれば全く気にならない(上記モデルも同じく)。
    ■RUNNING DISCOVERY 2.1
    ・上記2タイプよりプロテクションが少ない分、履きごこちはシンプル。


  • エクステラ
    小笠原崇裕(おがさわらたかひろ)

    XTERRAアジアツアーチャンピオン

    体幹からのパワーがロス無く伝わる

    【SIDAS】
    体幹からのパワーが足裏にロスなく伝わっている事がしっかりと体感できる。足裏のバネをサポートしてくれて、ストライドが伸び、トルクのあるぺダリングを行いやすい。
    膝が左右にブレにくくなるので上半身が安定し、バランスもとりやすくなり、滑りやすい路面でも踏ん張りが効きます。

    【X-SOCKS】
    ・X-SOCKSスピード2
    全体的に締め付が強めでホールド感がしっかりと感じられる。足の形を崩さないようなサポートがあり、蹴り出しの際に足首の左右へのブレが抑えられる。シューレースをキツめに締めてもソックスの凹凸が擦れる事もなく、逆に点ではなく面で包み込まれる感じになりシューズ内で足全体でホールドされるので、足がシューズ内で遊ぶロスが減り、路面状況も掴みやすい。
    ・X-SOCKSスカイラン2.0
    履いた瞬間から涼しさがあり、厚い作りのトレイルランシューズであっても蒸れにくく暑さを感じず素足感覚に近くて履き心地は軽い。サポート感は強くはなく、足首が左右に引っ掛かることなく柔らかく動くのでシビアな路面状況でも細かなコントロールを行いやすい。丈が長めに作られているのでトレイルで石や木の根から足首をガードしてくれる。
    ・X-SOCKSエナジャイザー
    全体的なホールド感は強く、足首から上に向かって段階的に締め付けが変わっており、エナジャイザーを履いて実際に動くと、動きへのサポートが大きく、少ない力で長く動ける感覚がある。スポーツ時だけではなく遠征等の長時間の移動時に履くと、むくみにくく蒸れにくいので、良いコンディションをキープしやすい。


  • トライアスリート/森永製菓
    細田 雄一(ほそだ ゆういち)

    2013アジア選手権優勝

    疲労をさせないぺダリングができる!

    ランに向けて体力が必要なトライアスロンで、バイクの重要性は高い。シダスのインソールが疲労させないぺダリングを作ってくれる。毎シーズン新たなインソールから学びをもらっているので、今回もベストなインソールができた。

  • トライアスリート
    山本 良介(やまもと りょうすけ)

    2011NTTジャパンカップランキング2位

    『フィット感が良く長時間走ってもストレスが無い!!』

    シダス・インソールを使用してからシューズでの中での足の遊びがなくなり、力をすべて伝えられるようになりました。
    インソールは、トレーニング用ではソックスを履くために薄めに、レース用はソックスを履かないので厚めに作ってもらっています。
    シダスのおかげで左右のバランスも整えられ、パワーロスもなくなり最高のパフォーマンスが発揮できています。
    シダスは僕が北京五輪代表になれた陰の立役者です。

  • マラソン完走請負人 JMC代表
    牧野 仁(まきの ひとし)

    素足感覚でランニングできる

    足の土踏まず部分のアーチサポートだけでなく、ランニング時に必要な足の加重時のサポートもしてくれる。足にぴったりで装着時の違和感もなく、しかもシューズ内部で抜群の安定がある。素足感覚でランニングできることが素晴らしい。

  • ランニングコーチ
    白方健一(しらかたけんいち)

    トップギアインターナショナル代表

    走行中違和感がなく走りやすい!

    シダスインソールはヒールの安定感が高く、クッションも感じられるが重さを感じない。
    また足とシューズ、シューズとソールの馴染みがよくフィット感覚も向上する所がいいと思います。
    その為、走行中違和感がなく、結果走りやすい所が気に入っています!
    僕はハイアーチ気味なので後半アーチが崩れると足底が痛くなる場合があるのですがアーチ、アライメントサポートとクッション向上でロードランも安心して実施できました。また路面の突き上げで坐骨周囲の筋肉やハムストリングスが張っていたのがかなり改善されています。


  • トレイルランナー
    大瀬 和文(おおせ かずふみ)

    UTMF(ウルトラトレイルマウントフジ)19位/UTMB(ウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン)23位(日本人1位)

    衝撃吸収力があり、足への負担軽減

    スパイクプラス・ランプラス・クッション3D(トレイル/ロードにて使用)
    踵からアーチがしっかりサポートされているので、フォアフット(つま先走り)であっても前脛骨筋・脹脛などの疲労感がいつもより少ないような感じがします。しっかり踏み込めるため、スピードを出しやすく、また下り時の着地の際のブレを抑える事が出来ることで安定して走行できると実感しました。石や木の枝などの障害物を踏んだ際や、ロードにおいても同様に、着地時の衝撃吸収力があり、足への負担軽減になっていると思いました。

    クッション3D(ロード時使用)は、どのシューズにもフィットして、クッション性の良さと着地時の安定感を感じました。
    特にスピードを上げて走った時など、地面への反発感が強くなり足がスムーズに動く様になり、回転数が上がる事でスピードも安定して出せる様に感じました。足首があまりぶれないことで、怪我の防止になると感じました。

  • トライアスリート
    中西 真知子(なかにし まちこ)

    パワーが持続して最後まで頑張れる。

    私は足に疲労がたまってくるとどうしてもアーチが落ちてしまい、バランスが崩れがちになります。シダス・インソールは、足のアーチをしっかりサポートしてくれるので、スイムとバイクの後にランニングでの勝負が待っている私にとっては大切なアイテムです。また、シューズに余分な空間が出来てしまいフィット感に欠ける場合もインソールで調節が可能なので、違和感を我慢することなく快適に過ごせます。
    スイム、バイクと続き、終盤にランがあるのですが、疲れてもアーチを補強してくれるので、最後までパワーが持続し、ランでも力を発揮できます。私は足の甲が薄いのですがシダスでボリュームを出せ、靴がフィットしてくれるのも助かります。

  • トレイルランナー
    牧野 公則(まきの まさのり)

    2015ハセツネ30km6位/2015マウンテントレイル野沢温泉65km優勝

    クッション性と反発性のバランスが良い

    スパイクプラスは、一番相性が良いモデルです。
    スパイクプラスはカテゴリーで言うと、球技に掲載されていますが、様々な路面に対応するトレイルランニングにも抜群の効果を発揮してくれます。
    カスタムモデルの為、自分の足にフィットするのはもちろんですが、踵からアーチにかけてのサポート力があるうえにしなやかさを感じ、長距離レースでも脚へのダメージが軽減できていると感じます。

  • マウンテンランニング
    宮地藤雄(みやち ふじお)

    安定感と安心感

    インソールを入れることで安定感がうまれ姿勢が良くなります。日常的には移動や超時間立つ時にもこの効果は大きいです。立っている時のバランスが良くなるからです。ランニング時でも同様です。姿勢が良くなることは安定をうみ、バランスの悪さの改善や長時間走って疲れた時にもフォームが崩れたり、どこかに負担がかかるリスクを減らしてくれます。安定感と安心感、僕にとってSIDASインソールはとても重要なアイテムです。

  • トレイルランニング
    西田由香里(にしだゆかり)

    UTMF女子7位(日本人1位)/大雪ウルトラ110k女子優勝/トランスジャパンアルプスレース(TJAR)完走(女性歴代3人目)

    痛めていた足底筋膜炎の症状が軽減

    トレランを始めてから、アーチ低下を起こし、シューズサイズが2サイズ程度大きくなってしまったとのこと。作成時は、片足が足底腱膜炎の状況でした。
    インソール作成後、トレーニンング負荷を増やしているにも関わらず、痛めていた足底筋膜炎の症状が軽減してきています。お尻に緊張感を持て、今まで意識できなかった大臀筋が使える感覚があります。
    また、今まで使えていなかった筋肉を正しく使えるようになり、ランニングフォームが改善し癖が減りました!

    X-SOCKSは、シューズの中で足が動いたり滑ったりせず、足さばきがスムーズ。ハイソックスタイプは、ふくらはぎの疲労感が軽減!

  • 元トライアスロン選手
    杉本 宏樹(すぎもと ひろき)

    2011NTTジャパンカップランキング3位

    以前より快適性が高い

    Bike
    以前のインソールよりも柔らかくなっていて、快適性が高い。
    柔らかくなっているからと言って力が分散するようなことは全くなく、むしろ足裏全体へのフィット感が高まって、ペダリング時の力がしっかりとペダルに伝わっていく。

    Run
    インソールを入れただけで姿勢が良くなるイメージが掴める。
    正しい姿勢をキープしながら走れるため、ランニング動作に必要な部位が自然と使われる。
    走るたびにバランスが整っていくように感じる。

  • トレイルランニング チーム・サロモン
    大原 満(おおはら みつる)

    ハセツネ30K 総合10位/年代別1位(2:51:27)

    体へのダメージを最小限に抑えてくれる有効なギヤであることは、疑う余地はありません。

    バイク:今までは足に意識が集中しがちで「ペダルを踏む」という感覚だったのが、脚全体が靴の上で安定した動きができるようになり、「膝がまっすぐ下に下りる」という感覚に変わり、お尻から腰にかけての筋肉を有効に使えているのを感じられるようになりました。
    バイクプラスを使い出してからは、足の裏全体でサポートされている感覚があり、一点に荷重が集中することなく、足の痛みはかなり軽減され、よりペダリングに集中できるようになりました。

    ランニング:長い下りだと、今まではつま先が靴に当たり、必ず親指の爪が死んでしまったのですが、シダス・インソールを使用してからはその心配は無くなりました!靴の中で足が安定し、足の裏全体で着地でき、以前よりも安定して下れるようになったと思います。

  • デュアスロン・トライアスロン
    沢田 愛里(さわだ あいり)

    2009デュアスロンアジアカップ優勝 デュアスロン世界選手権日本代表(12位、日本人1位)

    パフォーマンスを高めてくれていることに感謝

    バイクでは、長時間の練習による足裏のしびれを軽減させ、足裏全体を使ったペダリングができるようになっています。
    ランニングでは、走りこみによるダメージの軽減、また故障時におけるサポートにもなっています。
    どちらも、長時間のトレーニング時において、その効果を特に感じることができ、パフォーマンスを高めてくれていることに感謝しております。

  • ランナー
    Christophe Vissant(くりすとふ ヴぃさんと)

    7年間で40,000キロ、2009年には年間で5,692 km走破

    3,000Km走っても問題が起きなかった!

    走る時に一番大切なものがシダスインソール。
    走る時にはもっとも適切な装備を準備する必要がある。シダスのポダイアトリーセンターで作ってもらったインソールは、3,000Km走っても問題が起きなかった!
    しかしながら、最初は疑っていた。一般的な中敷をいくつも使ってきたが、シダスインソールのその快適性に驚きを隠せなかった!
    38日間毎日75km9カ国をまたいで走った時にはその快適性に『私のシダスに感謝!』と思ったよ!

  • TeamAOYAMAアシスタントコーチ
    郷間 章(ごうま あきら)

    シューズとの一体感がスゴイ‼︎

    今までインソールを使用したことはありませんでしたが、足を入れた時のシューズとの一体感に衝撃を受けました。
    まるで市販のシューズがオーダーメイドになったかのよう‼︎
    また高いフィット感とアーチサポート効果により、接地から蹴り出しまでが非常にスムーズになり地面に効果的にチカラを伝えることができます。

上田 藍/沢田愛里/平野 司/牧野 仁/山本良介/吉越慎吾/浅沼美鈴/中西 真知子/細田 雄一/杉本 宏樹/青山 剛/平山 賢一/大原 満/赤坂 剛史/小笠原崇裕/砂田貴裕/田山寛豪 他、多数使用

ページトップへ