スキー

悩み思ったように
うまく滑れない
なぜアーチ(土踏まず)が下がって骨格バランスが崩れると、ヒザや腰が内側に傾いてしまいやすくなります。その結果、正しいポジションでスキーに乗れず、スムーズな重心移動ができなくなり、ターン操作が難しくなります。

シダス・インソールを使用すれば!正確なエッジ操作、理想のターンが描ける!

SIDAS

3Dサポートで、フィット感が大幅にアップ。身体バランスが足元から整い、正しいポジションに乗れるようになります。また、ターン中にブーツの中で足が無駄に動かないようになることで、当たりや痛みも軽減されます。

ページトップへ

Voice of Athletes[アスリートの声]

シダス・ワールドワイド・イメージキャラクター

アルペンスキーヤー
アントワン・デナイア

2006トリノ・冬季オリンピック/ダウンヒル・チャンピオン

  • アルペンスキー
    湯浅 直樹(ゆあさ なおき)

    ムーズにターンを描いていける

    2016-17シーズンから、シダスのインソールを使わせていただくことになりました。シダスのインソールを使用すると、足裏全体で均一にスキーに圧を加えていけるような感覚が得られました。これによりスキーの挙動も非常に安定し、よりスムーズにターンを描いていけるようになりました。また、私は足の裏が疲れやすく、痛くなってスキーブーツを度々脱がなければ練習を続けられなくなるほどだったのですが、シダスを使い始めてその苦痛が激減したことに非常に驚きました。自分の足型に合わせ違和感なく体重を自然に支えてくれるシダスのインソールが齎らす恩恵は、私がこれからシーズンを通して様々な状況下で練習やレースを重ねてくうえでまだまだ沢山得られると期待されます。これからシーズン本番を迎えるのですが、とても楽しみです。

  • スキー
    佐々木明(ささきあきら)

    元アルペン男子ナショナルチーム代表/2013オーストリア世界選手権スラローム出場/ICI石井スポーツSC

    限界ギリギリのアタックができる。

    SIDAS
    とにかく攻め続けるのが僕の滑り。ブーツと足の一体感が非常に高まることで、滑りに安定感が出てターンの精度が高まるから、限界のレベルまでスピードを殺さずフルアタックできる。不安感もなくなるから、集中力もアップ。リカバリー能力も高まる。今の僕の成績は、中学1年から使っているシダスあってこそ。
    シダスしか信頼できない!

    X-SOCKS
    足裏感覚を生かす、快適性とプロテクション!
    スキーソックスといえばX-SOCKS®。非常に快適な通気性や保温性、フィット感やサポート感も適度。全体のフィーリングがいい。特に大切なスネ側は薄めでフィット感がよい。

  • アルペンスキー
    吉岡 大輔 (よしおか だいすけ)

    インナーブーツ自分の感覚を瞬時にスキーに伝達

    使用:シダスインナーブーツ
    おかげさまで良い結果を残せました。
    ソフト系というリクエストに対応してもらった事で違和感なく大会に臨めました。
    春になり緩みがでてきた自分のインナーに比べ、足形に合わせたフォーミングインナーはあたりが無く自分の感覚を瞬時にスキーに伝えてくれ、より敏感さを増したと思います。

  • 全日本モーグル
    星野純子(ほしのじゅんこ)

    ナショナルチーム

    自分の身体の一部

    SAJ27承認第00013号
    シダスのインソールは、足元から身体のバランスを整えてくれるように感じます。
    また、足裏の感覚を阻害せず、思う通りに雪面や地面に力をしっかりと伝えてくれます。
    インソールを使用したベストな状態でトレーニングに臨むことで最高のパフォーマンスが発揮できると考えています。
    全てのシューズにインソールを入れているので、インソールなしでのスキー、トレーニングは考えられません。
    自分の身体の一部と言っていいほど欠かせない存在になっています。
    SAJ28承認第00166号

  • オーストリア国家検定スキー教師
    リッチーベルガー(Richard Berger)

    手放せません!

    ずっとシダスを使っています。とても具合がよく、手放せません!
     

  • モーグル女子ナショナルチーム代表
    上村 愛子(うえむら あいこ)

    足とブーツそしてスキーとの一体感!

    フォーミング
    最近はフォーミングブーツを使っている人が減っているようですが、
    私は断然フォーミング派です。
    特に私の競技種目であるモーグルでは、フォーミングによって生まれる
    足とブーツそしてスキーとの一体感がうまれることで、
    コブの中で素早いスキー操作が可能になっていると思っています。
    私にとって、これがなかったらスキーができない、と言える程大事なものです。
    「なんでみんな使わないんだろう?」と思います。

    インソール
    スキーブーツだけでなく、ほぼ全部のシューズにインソールを使用しています。
    私の場合、外反母趾などで足元のバランスが崩れやすいのですが、
    足元でしっかりと悪い動きをしないよう支えてくれます。
    この状態でスキーやトレーニング、日常生活ができると、
    いい状況下での運動ができるのがよくわかります。

  • モーグル女子ナショナルチーム代表
    里谷 多英(さとや たえ)

    素足のように敏感になり雪との距離がとても近く感じる

    シダスのインソールはびっくりするほどピタっとフィットしてずれないので足裏と一つになり思った通りにスキーに力を伝えてくれます。
    フォーミングは自分の足の形そのままになるので素足のように敏感になり雪との距離がとても近く感じるのでスキー操作がしやすくなります。
    高校生の時から20年近く使わせてもらっていますがこれからも絶対に手放せません!

  • 元アルペン女子ナショナルチーム代表
    星 瑞枝(ほし みずえ)

    2015全日本スキー選手権GS優勝

    雪面からの圧をしっかり捉えられる!

    足裏にピタ-ッとくる感じで 雪面からの圧をしっかり捉えられる。
    初めて使ったのは10年前だけど、その時はすごいフィット感にびっくりでした。
    スキーは、雪面のコンディションによって常に足裏で反応する事が要求されるので
    足裏感覚はとても大事。足がブーツの中で遊ばなくなって、よりダイレクトに雪面とコンタクトが取れます!

  • ノルディックコンバインド ガリウムスキークラブ
    渡部 剛弘(わたなべ たけひろ)

    冬季ユニバーシアード団体ノーマルヒル5km2位、FISWカップ札幌個人ラージヒル10km20位

    スキーにうまく力を伝えることができる

    主にトレーニングで使用しています。
    私はスキージャンプ用、クロスカントリー用インソールのどちらとも
    固めでオーダーして作ってもらっています。固くすることでソールのバネ
    が利用できるようになり、力を出した時に跳ね返りが感じられるようになり
    ました。そのおかげでスキーにうまく力を伝えることができるようになっ
    てきたと思います。また、足の形も徐々に変わってきて疲れにくくなりました。
    このインソールに変えたおかげで昨シーズンはワールドカップでトップ10に
    入ることができたので、使い続けてさらに良いものを一緒に作っていきたいと思います。

    SAJ28承認第00167号

  • SAJナショナルデモンストレーター
    井山 敬介(いやま けいすけ)

    グリップ感覚、安定感、フィット感が抜群

    毎日のように変わる雪面状況に対応するために足裏の感覚を非常に大切にしています。
    シダスはそういった変化した雪面状況にしっかりと対応してくれます。
    ストレスのない雪面のグリップ感覚、安定したバランス感覚、実際にスキーブーツに足を入れたときから感じるフィット感覚が僕のスキーをスムースに動かしてくれます。
    SAJ28承認第00161号

  • SAJナショナルデモンストレーター
    山田 卓也(やまだ たくや)

    雪面と足裏と足全体を一体化し、滑りをフォロー!

    【サンダル】

    インソールに似た感覚があり、真っ直ぐに立ちやすく、

    足首、膝、腰の位置など、バランスの良い姿勢がとりやすいです。

    骨格で立てている感じがします。

    土踏まずから踵にかけての厚みと硬さが、体重をしっかりと支えてくれています。

    また、つま先よりは薄く柔らかくなっているので、

    ストレートに足を前に出しやすく感じます。

    このアライメント矯正が冬のシーズンに結びつく事を思うと、

    今後の継続した使用が楽しみです。

    【インナー】

    シダスのフォーミングインナーのフィット感は、正確なスキー操作する為に、

    自分にとって大変必要なアイテムになります。

    特に土踏まず、踵、アキレス腱、内踝といった足首部分のフィット感が抜群に良い為、

    スキー操作やエッチングにタイムラグが少なく、自分のモーションが直接雪面に

    働きかける力として伝達されるので、エッチング始動のタイミングやエッチングをリリース

    するタイミングそれぞれに流れを作りやすいです。

    今年はフォーミング液の量を減らしインナーを薄くしました。

    それによってシェルとの一体感が増し、より敏感な感覚を得る事が出来ました。

    自分の目的や好みに合わせて、調整出来るのもうれしいです。

    【インソール】

    雪面を敏感に感じ取る為には欠かせないシダスのインソール。

    先ずは真っ直ぐナチュラルに立ちやすく、正確なニュートラルポジションが

    作りやすいのが特徴の一つだと思います。

    正確なニュートラルが作れると、内スキー外スキーの共にインサイドエッチ、アウトサイドエッチの

    雪面とのグリップ力や進行方向への力の向きが出しやすくなります。

    力強いグリップと進行方向への柔らかな力の向き、この二つが交わった時に走りのあるターンが実現します。

    そのフォローとしてインソールは欠かせないアイテムだと感じます。

    基礎スキーではグリップ力だけではなく、滑らかなスキー操作も重要なので、

    今年は土踏まずの高さをわずか低くし、スキーをズラしやすいセッティングにしてみました。

    それによって、足裏の疲労度も軽減したように思います。
    SAJ28承認第00162号

  • アルペンスキー/アトミック(北照高校)
    安藤麻(あんどうあさ)

    全日本Jr-A 

    疲労や身体的ストレスを感じることが少なくなった!

    氷河等のハードバーンや、雪の被った所でも足裏全体で板を
    踏む事ができ、力がしっかり板に伝わるので、ターン前半の
    捉えが良くなりました。
    ブーツの中で足が滑る、遊ぶ事もなく、充実したトレーニングが
    できています。今までと違う環境の中で、順調に練習ができています。
    SAJ28承認第00163号

  • アルペン女子
    蓮見 小奈津(はすみ こなつ)

    サロモン/デンソー北海道 SAJランクC

    SIDAS以外は使えない!

    シダスのインソールを使い始めてから10年余りになります。シダスのインソールは、何と言っても足裏のアーチをしっかりと支えてくれるので、スキーブーツを履いている時の疲労感がほとんどありません。疲労が溜まると自然にアーチが下がりやすくなりますが、常にインソールがサポートしてくれているので、疲労が溜まってからもパフォーマンスが低下しないことを強く実感します。今ではスキーブーツはもちろん、屋外・屋内トレーニングシューズ、そしてトレーニング後のリカバリーサンダルまで、全てにシダスのインソールを愛用させて頂いています☆
    今シーズンもシダス製品のサポートを頂きながら、世界を目指し全力で頑張ります!!

  • デモスキーヤー
    輪島 千恵(わじま ちえ)

    ハイアーチ型の私にとっては、非常に重要なアイテム

    インソールはハイアーチ型の私にとっては、非常に重要なアイテムです。
    ノーマルのインナーだと、ブーツの中で足がズレやすく、春になると
    当たる場所も出てくるのですが、インソールが自分の足型に合っていると、
    素早い動きに対応するようなパフォーマンスの向上だけではなく、
    重心のバランスを良くしてくれるので、身体への負担を軽減してくれます。

    一般スキーヤーの方も、立ち方のバランスが悪く、当たる場所を我慢しているうちに
    どんどん大きくなってしまって、ブーツを直すのが大変になってしまう方もい
    らっしゃると思いますが、スキーブーツや、スニーカーにもインソールを入れたりすることで、立ち方が修正されてくるので、足首の捻挫等のケガ防止にも役立つと思います。

  • SAJナショナルデモンストレーター
    柏木 義之(かしわぎ よしゆき)

    雪面を近くに感じ理想のターンが描ける。

    雪面を敏感に感じ、正確なエッジ操作ができて、はじめて理想のターンが描ける。そのためには自分の動きを確実に伝えるインソールを選びたい。シダスなら、雪面の状況が手にとるようにわかる。極端、雪の上に素足で立っている感じ。

  • レーシング(サンミリオンSC)
    水口かおり(みずぐちかおり)

    13/14 ファーイーストカップ  ヨンピョン(韓国)SL優勝

    外反母趾まで柔らかく包みこまれて足が軽く!

    しっかり足のバランスが取れるシダスインソールはとても使いやすいです。サンダルもとっても快適です!
    初めてフォーミングインナーを使ってからは、これ無しではだめになりました!足首や、かかと周りがしっかりとサポートされ、外反母趾まで柔らかく包みこまれて足が軽く感じます。雪面とのコンタクトが取りやすく、素早いスキー操作が可能になり、よりスピードを追求できます。また、足に全く遊びがないため、怪我をした膝への負担もなくなりとても助かっています。インソールは毎日のジムでのトレーニングと、トレイルランのときにも使っています。私は関節が柔らかくて、足の外側に加重しすぎて足首がひねりやすいので、シダスのインソールが合うと思いました。また、外反母趾を少しでも治せるようなサポートがとても魅力的です。サンダルは、アーチがしっかりしていて、正されてる感じがします。それに、履いていてとても楽です。サンダルでこんなにフィット感があるものは初めてです。

  • スキー・スロープスタイル 
    岡令子(おか れいこ)

    2013世界選手権13位

  • ビックマウンテンスキーヤー
    児玉毅(こだまたけし)

  • SAJデモンストレーター
    藤澤利佳(ふじさわりか)

    疲労感も軽減

    シダスインソールを使い始め、足裏感覚がよくなったように感じます。
    足裏がべたっと雪面にはりつくような感覚は今までなかったので
    初めて使った時は驚いてしまいました。
    長時間でのレッスンでの疲労感も軽減されてきています!

  • レーシング/全日本アルペン日本代表
    成田秀将(なりたひでゆき)

    第61回インターハイ 蔵王 男子GS【8位】 SL【優勝】

    何十倍も力がスキーに伝わる様になる

    ノーマルで入っている平なインソールより、自分の脚形の方が何十倍も力がスキーに伝わる様になります。更に熱成形の利点は、足首や膝の入る角度をインソールで正しい位置に誘導させる事が出来るなど、年齢やトレーニングなどによる、身体の歪みを足元から改善しサポートしてくれる。そんな事もインソールを作る利点です!!身体の一番近くで自分の身体の全てが乗っているインソールの重要性は、自分の競技力、パフォーマンスに密接に関係しています!!!
    自分は、スニーカー、ランニングシューズ、サンダル、スキーブーツ全てSIDASのインソールの上です!
    SAJ28承認第00160号

  • 元ナショナルデモンストレーター
    五藤伯文(ごとうのりひさ)

    無理なく効率良くスキーを滑ることが出来る!

    私がシダスインソールを長年使わせて頂いています理由としては、個々の足型でインソールを熱形成するので、
    インソールが各々の土踏まず等のアーチや形になるので、長い時間やハードな滑りをしても疲れが軽減されます。
    個々の足型になるということは、力の伝達力が良くなり、自分の力をスキーに伝えやすくなり、結果的にスキー操作がしやすくなります。
    また足型に合っているので、足裏感覚が敏感になりバランスの保持もしやすくなります。
    トータル的にはスキーブーツを履いた時に自然に立つことが出来、運動がし易く感じられると思います。
    また、ナチュラルなので違和感がなく、自然なので無理なく効率良くスキーを滑ることが出来ると思います。


  • レーシング/全日本アルペン日本代表
    若月 隼太(わかつき はやた)

    2015/16JAPAN SKI TEAM(全日本スキー連盟)

    バランスがうまく取れる

    SIDAS のインソールにしたことで以前よりもバランスがうまく取れるようになりました。
    また、自分の足に合わせて作っているので足裏のアーチがしっかり保たれ、脚の負担もかなり減りました。
    スキーシーズンが始まりいよいよレースが近くなって来ました。足元がしっかりとしてレースに出れることはとても楽しみです。
    SAJ28承認第00168号

  • SKI
    吉田勝大(よしだまさひろ)

    北海道地区サロモンDEMOチーム

    ブーツが身体の一部に

    SAJ27承認第00012号
    インソールは全てのスポーツにおいて必要不可欠なツールです。ブーツが身体の一部になったような感覚で刻一刻と変わる雪面状況を足裏からいち早く察知し、その不規則な変化に対応する事が可能になります。また、身体の軸をまっすぐに保つことができるので、スキーへのパワー伝達が向上し、効率良くスキーをたわませることができます。インソールは上級者のみならず、むしろ初心者や検定を目指すようなスキーヤーにもオススメで、日常的に使用することで足の形が徐々に改善されるので、スキーヤーにとって一番の課題でもある『足のお悩み』もきっと解決することでしょう。是非一度お試しください。
    SAJ28承認第00165号

  • モーグル
    Guilbaut Colas(ギルバート・コラス)

    2011シングルモーグルチャンピオン/13のワールドカップで勝利を挙げる

    My Sidas Boots!

    私にとってシダスのカスタムインナーブーツは欠かすことのできないもの。
    年に何度もカスタムインナーブーツとインソールを作るためにSIDAS社に足を運ぶが、スキーブーツシェルの再調整もまた同時に行っている。つまり私のブーツはすべてシダスで加工された私だけの『シダスブーツ』なんだ!

  • クロスカントリー
    Laure Barthelemy

    2008ジュニア女子世界チャンピオン

    足首の捻挫を防ぐ!

    私はスキーとランニングの両方で毎日シダスのインソールを使っています。
    素晴らしく快適で、足首の捻挫を防いでくれる!トップレベルのスポーツアスリートに欠かせないアイテムです!

  • アルペン
    Marie Marchand Arvier

    Super-Gチャンピオンシップ2011優勝

  • アルペンスキー スラローム
    Maxime Tissot

    2010冬季オリンピック16位

    高いパフォーマンスと痛みからの解放!

    2年半前シダスのプロフォームを使い始めてから、長時間でも痛みを感じないどころか、高いパフォーマンス性を維持するので、何の心配もしなくなった!
    この2年の中でプロフォームはもっともよいチョイスだったよ!

  • バイアスロン
    Martin Fourcade

    2012ワールドカップ優勝

  • Freestyle Ski
    Xavier Bertoni(グザヴィエ・ベルトーニ)

    2009ハーフパイプ世界ランキング2位

    正確にフィットして快適!

    Sidasのライナーは正確にフィットして快適を与えてくれる。
    冬も夏も一年中ずっとスキーをするが、シダスは常に同じ形を保ち、足サポートしつづけてくれる!

  • バイアスロン
    Simon Fourcade

    ジュニア世界大会で4度優勝/2012ワールドカップ13位

  • SKI
    中田良子(なかたよしこ)

    2012全日本ナショナルデモンストレーター認定8期目/2013年全日本スキー技術選手権大会総合11位

    雪面状況に合わせた微妙な足元操作を実現

    インソール
    入っていればなんでも良し!という考えを覆してくれたインソールが「シダスインソール」です。
    足裏のフィット感というよりは自分の足裏をそのまま形成して作るのでブーツに足を入れた瞬間に吸い付いている感じ。
    長時間ゲレンデにいる私にとっては足裏が張ることもあったのですが、そのストレスがまったくなく、
    常に敏感に雪面を感じることができるので雪面状況に合わせた微妙な足元操作を実現してくれます。
    SAJ28承認第00164号

  • スキーハーフパイプ
    佐藤麻衣子(さとうまいこ)

    ワールドカップ(パークシティ)12位

    コントロールがとてもスムーズ

    海外遠征など長時間の雪上トレーニングが多くその時でもシダスのインソールを入れてると本当に足の疲れが軽減されます。
    ハーフパイプでは、エアーターンの着地からの滑走コントロールがとてもスムーズでしやすくなりました。
    どんなコンディションでもブーツとフィットするのでインソールなしではもはやスキー出来ません。
    本当に私の足を支えてくれる優れものです。
    シダスに感謝します!

  • スキー
    本堂 杏実 (ほんどう あんみ)

  • SAJナショナルデモンストレーター
    松沢 寿(まつざわ ひさし)

    長時間ブーツを履いていても、疲労感がまったくありません。

    シダスは足裏のフィット感が非常に良い!!
    特に踵の部分の収まりが良く、ブーツ全体のフィット感も高まります。
    技術選などのコンペシーンでは、繊細なスキーコントロールを要求されます。
    シダスは足裏のセンサーをより敏感にし長時間ブーツを履いていても、疲労感がまったくありません。

  • USMR所属・デモスキーヤー
    大瀧 悠佳(おおたき ゆか)

    シダスは欠かせません。

    最高のパフォーマンスを出すためにシダスは欠かせません。 一日中立っていても疲れにくく、とにかく愛用させていただいています!

  • デモチーム/ICI石井スポーツ仙台店
    大場朱莉

  • デモスキーヤー
    大瀧 徹也(おおたき てつや)

    全然疲れない。

    常にスキーの真上に乗れるようになるので、全然疲れません!

  • 元アルペンスキー女子ナショナルチーム代表 デモスキーヤー
    武田 千夏(たけだ ちか)

    2009全日本スキー技術選 フリー5位

    全身の力を出しやすい!

    これを履いて、初めて体で体感することができました。
    1番はっきりわかるのが、ウエイトトレーニングのスクワット
    をするときで、地面を掴みやすく足にしっかり力が入るので
    、普段より重い負荷でトレーニングが出来るようになりました。
    ランニングをしていても、足にフィットするし疲れにくくて地面を
    蹴っている感じがはっきりわかります。
    スキーをしていても、地面を蹴っているフィーリングがわかり
    やすいように、雪を掴んでいる感覚が掴みやすいです。
    シダスに出会えて良かったです。

  • 雫石インタ-アルペン校長
    松ノ木敏雄(まつのきとしお)

    シダスは、スキー上達には欠かすことの出来ないアイテムであり、パートナー

    シダスカスタムインソールを使用して30年になります。
    私がスキーブーツの開発に携わっていた頃、国内外のインソールとスキーソックスのテストをしていました。
    私がシダスに拘るのには、シダスがスキーブーツのインソールとして、最も歴史があり30年前から完成度が高く、勿論進化していますが、現在も基本的な考え方が変わっていない所がその良さを証明していると思います。

    また、シダスはスキーブーツとインソールの一体感ではなく、
    シダスのそれはインソールを通してダイレクトにスキー板との一体感が持てる事にあります。
    特に面での操作感覚が持てる事です。
    スキーヤーにとって、足裏感覚は技術の上達に欠かせない重要なポイントです。

    1、シダスは、ユーザーの足形でインソールを形成するので、違和感がなく、長時間使用し続けても疲れないところが特に気に入っている。

    2、 土踏まずのアーチがしっかり整形できる事また材質が薄くてもしっかりしているので、そのアーチが崩れない。その効果で足裏面積が広く感じられ、体軸のバランスが保ちやすくなり、全身を足裏で感じ取る事ができる。荷重点と言われている脛骨(内くるぶしの下)の線上をしっかりとしたアーチが保てる事で進行方向への働きかけが自在にできる。
    言ってみればスキー板の性能をも引き出せるキーポイントとなる。
    また、滑走中の雪面からの抵抗など外力を感じやすくなり、その外力を効果的に利用してターンコントロールができる。

    シダスは、スキー上達には欠かすことの出来ないアイテムであり、パートナーになります。

  • 元SAJナショナルデモンストレーター
    渡辺 一樹(わたなべ かずき)

  • SAJデモ
    鈴木裕樹(すずきゆうき)

  • レーシング
    川浦あすか(かわうらあすか)

    第61回インターハイ 蔵王 女子GS【5位】 SL【2位】

  • スキー
    藤原颯大(ふじわらそうた)

アルペン> A.デネリアス/D.キュッシュ/F.コヴィリ/J.P.ヴィダル/M.ブラルドーネ/M.マット/N.ビュルタン/P.ブルジュ/S.アミエ/A.パーソン/C.サイオニ/J.コステリッチ/大瀧徹也/佐々木明/星 瑞枝/成田秀将/水口かおり/川浦あすか/藤原颯大 他、多数使用
デモンストレーター> 井山敬介/柏木義之/松沢 寿/山田卓也/渡辺一樹/松沢聖佳/松本悠佳/藤澤利佳/輪島 千恵/武田 千夏/大瀧 徹也/大場朱莉/鈴木裕樹/児玉毅 他、多数使用
モーグル> 上野 修/遠藤淳平/下山研朗/益川 雄/上村愛子/里谷多英 他、多数使用
フリーライド> E.ガバッジオ/岡崎将弥/河野健児/佐々木大輔/下村基樹 他、多数使用
プロ> 松ノ木敏雄/粟野利信/海和俊宏 他、多数使用
クロスカントリー> S.ベルモンド/金丸富男/堀米光男 他、多数使用
コンバインド> 北村 隆/竹本和也 他、多数使用
バイアスロン> L.G.ポイリー/S.バイリー 他、多数使用
ジャンプ> M.シュミット/宮平秀治/山田大起 他、多数使用

ページトップへ