1. TOP
  2. アドバイス
  3. インソールの効果を上げる方法

インソールの効果を
上げる方法

インソールを使っても、問題解決しない時のチェックポイント︕

シダス・インソールを使⽤しても「期待していたような効果が得られない」というケースがあります。効果を実感いただくため、ご使⽤前にチェックして欲しいことがあります。

チェックポイント1

  • 靴のサイズが⾜に合っているか

    サイズの⼤きい靴は楽だと思います。でも、靴の中で⾜が動き、マメやタコが発⽣。また、歩⾏や運動時に余計な⼒を使ってしまい、筋⾁に負担がかかり、トラブルを誘発することにもなります。

    シダスからのご提案

    正しいサイズの靴にシダスで、トラブル撃退!

    シダスの⽴体形状は、靴の中で⾜をズレにくくし、アーチも保持し⾜も細⾝になることでトラブルが減少。余計な筋⾁を使わずに楽に歩けるようにも。正しいサイズの靴とシダス・インソールを⼀緒に選びましょう。

チェックポイント 2

  • 歩き⽅に問題がないか

    ⼤きく⼿を振って⼤股で颯爽と歩く、良い歩き⽅のようですが、膝やふくらはぎ、太ももの筋⾁に負担がかかり疲労も増します。膝や腰の痛みを引き起こす原因が、歩き⽅に潜んでいるかも知れません。

    シダスからのご提案

    余計な筋⾁を使わない、「省エネ歩き」を!

    歩⾏に必要なお尻の筋⾁などを使い、膝に余計な負担をかけない歩き⽅こそが、トラブルが起きにくい理想的な歩き⽅です。シダス・インソールのご使⽤と⼀緒に、普段からこの「省エネ歩き」を意識して歩くことで、トラブルの予防が期待できます。

    ⾝体に負担の少ない「省エネ歩き」の4つのポイント

    • 1. ⼩股
    • 2. 重⼼移動で歩く
    • 3. 膝を伸ばしてかかと着地
    • 4. 親指を意識する

おすすめトレーニング

  • 歩くバランスを簡単に整える方法

    シダスの効果をなかなか実感できない原因のひとつとして、バランスの崩れた歩き方や身体のクセが考えられます。日常生活の中で、いつでもどこでも誰でも簡単にできるトレーニングをご紹介します。

    シダスからのご提案

    日々の生活に「つま先立ち運動」を取り入れる!

    シダス・インソールを使うことに加え、歩行時の正しい足の動きを覚え、歩行に必要な筋肉を鍛えることができるトレーニングです。

    歩行が楽になる「つま先立ち運動」の3つのポイント

    • 1. 一日朝晩10往復
    • 2. 膝は曲げない
    • 3. ゆっくり行う