1. TOP
  2. アスリートの声
  3. 自転車(バイク)
  4. 三船 雅彦

ATHLETEアスリートの声

自転車(バイク) BIKE自転車(バイク)

サイクルアドバイザー/マッサエンタープライズ

三船 雅彦(みふね まさひこ)

シダスのインソールを使い始めて25年目

シダスのインソールを使い始めて25年目、少なくとも日本人でもっともシダスのインソールを使っているはずです(笑)
その間には海外でプロで走る経験をしたり、今でもブルベなどエクストリームな活動を継続していますが、故障を知らずにここまで走り続けています。
それは足元からきっちりとサポートしてくれているシダスの影響も大きいです。すべてのバランスが良くなければ速く走る、故障なくシーズンを走ることはできません。
インソールを使うことで、パワーが確実に伝達していることを感じますし、長時間の運動でも足が安定してくれているのを感じます。
シダスは確実にパフォーマンス向上のみならず、アスリートとしての寿命も伸ばしてくれています。
最近ふと振り返ってみると、身体が強いと言われるようになったタイミングとシダスのインソールを使い始めたタイミングが、非常に近いことに気がつきました。
「足は第二の心臓」なんて例えをされるぐらいに足の裏は重要。その足の裏をシダスのインソールでケアしてペダリングしています。
もしインソールがなかったらどうだったのでしょう。今と同じように「身体が強い」とか「不死身」とか言われていたでしょうか?
シダスのインソールを使うことでパワーをロスすることなく推進力を増大させる、故障を未然に防いでくれるということもありますが、第二の心臓と言われる足の裏を良好に保つ効果もあるのだと思います。
事実、私は他の人と比べてかなりアーチが高く、よく「人間じゃない、ケモノのような」なんて言われることがありますし、2000年代に入ってからはほとんど病気もしていません。そんなケモノのような体力?を支えてくれているのがシダスです。
今年ももっとたくさんのエクストリームなチャレンジをシダスとともにしていきたいと思います。

>> 三船雅彦氏のHPはこちらリンク
戻るリンク