1. TOP
  2. アスリートの声
  3. 自転車(バイク)
  4. 才田 直人

ATHLETEアスリートの声

自転車(バイク) BIKE自転車(バイク)

プロロードレーサー/LEOMO Bellmare Racing Team

才田 直人(さいた なおと)

2016 JAPAN CUP OPEN 優勝

左右の踏み感が整って、シューズが馴染む!

SIDASを初めて使用したのは2014年。膝を怪我して2ヶ月間以上練習を中断したことがきっかけでした。
それ以来ずっとSIDASを使用しています。
自分に合っていると思うシューズを選んでも、足の形の左右差を感じてしまったり、
ヒールの部分はフィットするけれど、つま先周りだけがしっくりこない、といったこともあります。
私も身体の左右の違いを感じていて、踏み込みのタイミングで右膝が内側に入りやすいような癖があります。
そのまま走ることもできますが「どこかしっくりこないな」という印象のまま走り続けることになります。

SIDASの成型インソールを入れることで左右の踏み感が整って右膝の軌道も修正され、
さらにシューズ内での小さな足の動きや乱れも軽減されて、シューズが自分に馴染むようになります。
足先などの末端部がストレスフリーになることで体幹部や臀部など大きな筋肉群を使うことに集中できて、
パフォーマンスを最大化できると感じています。
今シーズンもSIDASのインソールと共にレースを戦えることが楽しみです。

戻るリンク