1. TOP
  2. アスリートの声
  3. ランニング
  4. 蔵本 葵

ATHLETEアスリートの声

ランニング RUNNINGランニング

トライアスロン/東京ヴェルディトライアスロンセッション

蔵本 葵(くらもと あおい)

脚のバネを活かせる!プロネーションの軽減も

昨年からシダスのインソールを愛用しています。
シダスのインソールは、踵部の弾力がよく、土踏まずのアーチサポートが適正で体重を身体の真下に乗せやすくなります。
そのおかげで、走行時に地面を蹴り出すポイントがわかりやすくなり、脚のバネを活かすことができるようになりました。
これはインソールとシューズが一体化したことで可能になったと思います。
また、着地時に踵が内側に入り込んでしまう現象(オーバープロネーション)も軽減されました。
私は、月間300~400kmを走りますが、インソールの耐久性が高いので、長く相棒として使う事ができるのも特徴の一つだと思います。
競技用のシューズはもちろん、普段履きのシューズにもシダスのインソールを入れる事で、日常生活から姿勢を意識することができ、疲労を感じにくくなりました。
競技から日常まで足をサポートしてくれるシダスのインソールは身体の一部の様に感じます。
みなさんも是非試してみていただきたいです。

戻るリンク