バレーボール

悩みレシーブが不正確…ジャンプ力が足りない…ブロックが流れる…。
なぜ瞬時に動ける姿勢と安定感を保つ低い姿勢が両立できないとレシーブやパスミスが多くなってしまいます。また、しっかり踏み込めないとスパイクでは力が外に逃げてしまいジャンプ力が低下、ブロックは流れ、捻挫のリスクも増大してしまいます。

シダス・インソールを使用すれば!レシーブの精度向上!より高く、フォームも安定!バランス向上、捻挫を予防!安定したレシーブやパス、スパイクとブロックもより高く!

SIDAS

敏捷性や瞬発力に重要な足裏のアーチ機能をサポートし、レシーブやパスの安定性が向上。スパイクやブロック時でも足のズレをフィットした立体形状が防止するので、カラダの横の動きを縦方向へ効率良く変換することが可能になり、最高到達点が高くなり空中姿勢も安定、着地での捻挫の心配も減ります。
※効果は使用者の声から、一部抜粋しています。

インソールの効果をもっとあげたい方へ…

ページトップへ

Voice of Athletes[アスリートの声]

  • バレーボールナショナルチーム/パナソニックパンサーズ
    清水 邦広(しみず くにひろ)

    2009 ワールドグランドチャンピオンズカップベストスコアラー賞

    ジャンプ時・着地時での足元が安定!

    カスタムインソール作製のきっかけになったシンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)。
    インソールを使用しだしてから完治し、その後も発症しなくなりました。幼少期から扁平足だった足裏も改善されました。
    私の場合はインソールによってジャンプ時・着地時での足元が安定するようになり、空中でのバランスも良くなりました。
    カスタムインソールは、年間2セットを使用しています。

  • 元バレ-ボールナショナルチーム/パナソニックパンサーズ
    山本 隆弘(やまもと たかひろ)

    自分の足にシューズがぴったりフィットする

    自分の足にシューズがぴったりフィットする。そのため、どんな動きをしても本来の脚の形のまま動けるし、行っては行けない方向に行かないということで、足の疲れも軽減、腰・肩などへの負担も少なくて済む。

ほか有名選手が使用

ページトップへ